Rainyレイニー

おそろいの服を兄弟で着たい!願いを叶えるエシカルブランド「Corva」


slideshow_img0

おそろいの服を兄弟で着てもらうのって夢ですよね。

しかし、案外手に入らないのが現実。

今回は、おそろいの服を販売するエシカルブランド「Corva」についてご紹介します!

バングラデシュの現状

スクリーンショット 2015-10-29 10.20.15

突然ですが、みなさん知っていますか?

バングラデシュの貧しい家庭には家計を支えるため学校へ行かず、幼い頃から働き始める子供たちがたくさんいることを。

学校に通えないまま大人になった彼らは、安定した職につくことができず、彼らの子どもも学校にいけないという負の連鎖を生み出します。

そこで、Corvaはバングラデシュの強みである”縫製技術”を活かしたアパレルブランドの自社工場を貧困地域につくり、貧困家庭の方を積極的に採用すると共に、その子供たちが学校に通える環境づくりを行うことを目的に設立されました。

そんなCorvaが発売するのは、兄弟のおそろい子ども服。

これまで親子のおそろいの服や姉妹でおそろいの服はできたけれども、意外と難しかった兄弟のおそろい子ども服。

そこにニーズを見つけて、Corvaは”男・女”で楽しめるおそろい、そして、歳が少し離れていてる”ベビーとキッズ(70cm〜120cm)”でも楽しめるおそろい子供服を創りました。

目指すのは、三方良しの世界

スクリーンショット 2015-10-29 10.26.05

彼らが目指すのは、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三方良しの世界。

「Corva」は次のように言っています。

Corvaのお客様の多くは、子供が幼い親御さんです。ちょうど子供が生まれ、子供の健康や将来について真剣に考えるタイミング。

Corvaはこの一番未来や環境について感度が高くなっている時期に、商品を通して、その背景や、私たちの環境への取り組みを伝え、お客様に意識を高めてほしいと思います。

消費は投票と同じです。

ただ何も考えず安いものを買うのでなく、みんながちょっとその商品の背景について考えるだけで、行動するだけで世の中は変わります。

もし、ある商品をその会社が児童労働を行っているという理由で私たちが買わなくなれば、その企業は児童労働を辞めざるをえません。

バングラデシュで生産する親御さん、そしてそれを買う日本の親御さん、そして貧困をなくした世界、この三方全てによい世界を作り出す「Corva」

とっても素敵だと思いませんか?

誰かひとりだけが幸せになり、他の人が悲しむ世界よりも、みんなで幸せになりたいですよね。

買い物という行為で、世界を変えることができるのです。

キュートなおそろい!

今回は「Corva」の秋コレクションの一部をご紹介します。

slideshow_img4

slideshow_img6

slideshow_img8

いかがでしたか?かわいい商品ばかりですよね。

この「Corva」の商品はオンラインで見ることができます。

兄弟のおそろい以外にも、親子のおそろい服もありますよ!

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

オンラインショップ「Corva」

[写真:「Corva」より]


written by Mari Koshimura

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*