Rainyレイニー

アフリカの輝きを詰め込んだflamingoの服を着て、エネルギッシュな夏を過ごしませんか?


もうすぐ夏本番…

せっかくの休みも、バテてなんかいたら楽しめませんよね!

アフリカのエネルギー溢れる服を着たら、暑い夏も乗り切れちゃうかもしれません。

アフリカの「輝き」を伝えるflamingo

貧困、紛争、教育不足…

アフリカのイメージは、まだまだネガティブなものばかり。

みなさん、アフリカ大陸の東にある神秘的な国、タンザニアを知ってますか?

実は、“人類発祥の地”と呼ばれたり、“動物を石化させる湖”があると言われたりしている国なんです。

flamingo2

なんだか、聞いただけでワクワクしてきちゃいますよね!

flamingoは、そんなタンザニア産の素材を使い、私たちの知らないアフリカの「輝き」をたっぷりと詰め込んだ洋服やアイテムを作っています。

今年の夏のテーマは、アフリカの魅力の1つ、「広大な自然」

やわらかな夏風を肌に感じて

flamingoの洋服は、キテンゲという布を使って作られています。

キテンゲはタンザニアの人々の日常生活に欠かせないもの。

鮮やかな色や柄は、活気溢れるタンザニアを表しているようですね。

flamingoでは、19種類のキテンゲから自分の好きな柄を選んで、洋服が作れちゃうんです!

少し派手なアフリカ柄も、夏にはぴったりですよね。

おしゃれな洋服の今年のテーマは「upepo

現地の言葉スワヒリ語で「」という意味なんだそう。

flamingo3 flamingo 4

遠いアフリカの国、タンザニアに吹くやわらかな夏風…

皆さんも肌で感じてみてはいかがでしょうか。

本物の上品さは何気なく

実はこの国には素敵な素材がもう1つ。

みなさん、タンザニアの革生産量がアフリカ大陸第3位って知っていましたか?

この国の革は、しっかりとしているのに柔らかさも兼ね備えている上質なもの。

しかし、その多くが上手に使われず、焼却処分されてしまっているそうなんです…

flamingo5

そんな革たちが、今年の夏、新たな形となり皆さんの手元に届きます。

テーマは「udongo

」を意味する言葉なんだそう。

レザーの上品な重みと繊細さに、何気ないアフリカ柄がとってもおしゃれですよね!

flamingo6flamingo7

 

遠すぎて想像もつかないアフリカ。

そんなとこからやってきた素材を手にして、たまにアフリカで暮らす人々のことを考えてみる…

なんだか、いっきに世界が広がる気がしませんか♡

[Photos via:flamingo]


written by Haruka Yoshida

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*