Rainyレイニー

「途上国の魅力を美味しく楽しくエシカルに」国際協力カフェが10月29日(土)に1日限定オープン!


国際協力カフェとは

国際協力カフェとは、「途上国の魅力を美味しく楽しくエシカルに」をコンセプトに2014年の12月からスタートしたイベント。

2015年には横浜にて店舗を持ち、不定期で開催されていいました。(現在は閉店)

そして2016年の10月29日(土)高円寺にて1日限定で復活することになりました。

予約必須のワクワクのイベント!

今回の国際協力カフェは、常時出入り自由なチャリティーカフェ&バー併設(13時〜18時)他、予約必須のプチイベントとして4つの企画を用意しています。

染めるワークショップ!&エシカルトークライブ

otr%e3%82%a4%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%88%e5%86%99%e7%9c%9f_1466

このイベントでは、バングラデシュの女性が現地で生産したトートバッグ(To2Bagより提供)を、世界でたった1つのバッグに染めることができます。

また染めるワークショップが終了後、エシカルジュエリー・EDAYA創業者の山下さんにお越しいただき、エシカルをテーマにお話をしていただきます。

%e5%b1%b1%e4%b8%8b%e3%81%95%e3%82%93

EDAYAとは、フィリピン・北ルソン・山岳先住民族カリンガの竹楽器職人とスタートさせたジュエリーブランド。

「無形文化を有形に」というコンセプトのもと、失われつつある竹楽器や狩猟具等をデザインの主なモチーフとしています。

1つ1つ職人の手によって丁寧に作られていて、繊細且つ斬新なデザインが特徴的です。

また、デザイン性とソーシャル性の高さから、2016年のソーシャルプロダクツアワードにて、ソーシャルプロダクツ賞を受賞しています。

エシカルについて、体験しながら学ぶこともできるなんて贅沢ですよね。

カカオ豆から本当のチョコレートを作るワークショップ

chocolate

続いては、チョコレートを原材料のカカオ豆から作ることができるイベント!

あの甘くて美味しいチョコレートがどのように作られているのか体験しながら学ぶことができます。

また、実際にJICAにて職員をされている宮坂和憲さんからカカオの生産地のガーナについてお話を聞くことも!

Beers for Charity

beer

こちらは、途上国の料理などを囲みながら、国際協力の現場で活動されている方々からのお話できるイベント。

また、アルコールが全て1杯550円に値下げされ、ご注文につき50円が、あなたが選んだNGO/NPO団体への寄付にまわります。

選べるNGO/NPOは次の3団体。

衛生環境支援を行うWateraid Japanと教育支援を届けるNPO法人e-Educationとソマリアに支援を行う唯一の学生団体日本ソマリア青年機構になります。

みんなでワイワイ途上国について考えながら、寄付もできるなんて楽しいですよね。

音楽から広がる途上国の世界ーパラグアイハープ演奏

alpa

そしてBeers for Charityと同時開催のパラグアイハープ演奏。

天使すぎるで話題になった小野華那子さんに演奏していただきます。

途上国大好きな主催者たち

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95

主催者は途上国が大好きな3人組!

・田才 諒哉:READYFOR株式会社 キュレーション室 第一ユニット マネージャー。青年海外協力隊としてザンビア、国際教育支援NPOのメンバーとしてパラグアイで活動を経験後、現職。国際協力を行う団体・個人を応援するプログラム「VOYAGE PROGRAM」を立ち上げ、約3ヶ月間で1,600人以上から合計3,600万円以上の支援を民間から集める。ソーシャルエコマガジン『ソトコト』で「世界への扉」を連載中。准認定ファンドレイザー。

・越村 麻里:慶應義塾大学文学部4年。エシカル・ソーシャルグッドを広めるべくウェブメディアRAINYを立ち上げ。アジアの国際教育支援NPO法人e-Educationのメンバーとして国内広報を担当。

・杉山 佳菜:立教大学法学部4年。Burundi Japan Friendshipにて、ブルンジのフェアトレード商品を販売や現地でのサポートを実施。今年、ケニアのナイロビで開催されたTICAD VIサイドイベントに参加。

それぞれの分野で活躍していて、なおかつ南米・アフリカ・アジアに詳しい3人組にぜひ色々話を聞いてみてくださいね!

詳細

詳細は以下になります。

プチイベントは予約必須になりますが、常時カフェ&バーとして運営しているので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!


written by Mari Koshimura

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*