Rainyレイニー

@cosmeクチコミランキングで1位を獲得したぎゅっとしたくなる柔軟剤「La Corbeille(ラコルベイユ)」ご紹介!


lacorbeille

photo via La Corbeille Facebook

皆さんはご家庭で柔軟剤を使用していますか?

洗剤と柔軟剤を使うと、衣類がふわふわになって気持ちいいですよね!

今回は、過去には@cosmeの香りつき柔軟剤部門」第1位を獲得した(注1)、環境にも人にも優しい成分を配合した柔軟剤「La Corbeille(ラコルベイユ)」をご紹介します!

4つのこだわり♡!

10620592_291947507674641_626412335136529083_n

photo via La Corbeille Facebook

La Corbeilleの柔軟剤には4つのこだわりがあります。

①オーガニック成分

La Corbeilleには主に2つのオーガニック成分が配合されています。

1つ目の成分はお茶

日本で昔から飲まれているお茶の成分には、衣類をしっかり防臭し、菌の繁殖を防いでニオイを抑える効果があります。

他にも、お茶に含まれるポリフェノールには抗菌作用があることから、ニオイのもととなる雑菌の繁殖を抑えることができます。

そして2つ目の成分はローズマリー

ローズマリーとは、世界中で栽培されているハーブの一種。成分には、菌の繁殖を防ぎ、嫌なニオイを防ぐ力があります。

またメラニンを抑制する効果があるので、衣類の日焼け(変色)を防ぐ作用があります。

植物由来の成分を使うことで様々な効果があるんですね。

②ノンシリコン処方

続いてのこだわりは、ノンシリコン処方。

ノンシリコン処方により、衣類の繊維に膜を作りません。

つまり、繊維本来のふっくらしたふわふわ感が楽しめる上に、汗の吸水率もあがります。

また、生分解性がよくなり、川や海の環境を守ることができます。

③天然植物由来の界面活性剤

界面活性剤とは、汚れを落とす洗浄の働きを行う、性質を変化させる物質の総称。

Q、界面活性剤とは?
界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。(引用:花王株式会社.製品Q&A

La Corbeilleでは、肌と環境のことを考え、主成分に天然植物由来の界面活性剤(アミド型アルキルアミン塩)を使用。

肌と衣類の摩擦を抑え、ゴワゴワ感・チクチク感を軽減しました。

また、万が一洗濯の排水が川や海に流れ出た時も、微生物が成分を分解できるので環境汚染を防ぐことができます。

④選べる2つの香料

最後のこだわりは、La Corbeilleの柔軟剤は無香料とオーキッドの香りの2つから選べること!

無香料の柔軟剤は、香りがあまり得意でない方や、赤ちゃん用衣類の洗濯にオススメです。

オーキッドの香りは、La Corbeilleが出すヘアケア・ボディケア商品で大人気のオーキッドの香りを採用。

ヘアケア・ボディケア商品で華やかな香りを纏いながら、衣類からも華やかな香りを楽しむことができます。

La Corbeilleの商品、本当に衣類を使用する人にも環境にも優しい製品ですよね!

ケアしながら世界のどこかの女性たちが幸せになれる

そして、La Corbeille最大の特徴は、パッケージです。

実はお花のモチーフを描いたのはカンボジアの女性たちであり、売り上げの一部はカンボジアの女性支援団体「DREAM GIRLS Design」を通し、デザイン使用料として彼女達に還元され、また職業訓練学校の設立にも役立てられるそう。

柔軟剤を買うことによって、カンボジアの女性を応援できるのは嬉しいですよね。

最後に

いかがでしたか?

La Corbeilleの商品は、@cosmeでもかなりの高評価!

製品としてのクオリティーが高く、また社会貢献性も強く素晴らしいですよね。

La Corbeilleの商品は、オンラインショップ全国各地の様々なところで買えるそう。

気になる方は是非ホームページでチェックしてみてくださいね!

[photos via La Corbeille]

(注1)2015年2月1日〜4月30日の3ヶ月


written by Mari Koshimura

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*