Rainyレイニー

こんな落書きなら許しちゃうかも.環境に優しいストリート・アート「リバースグラフィティ」って知ってる?


街を歩くと、壁に描かれた落書きをよく見かけませんか?

カラースプレーを使ってカラフルに描かれた落書きは、グラフィティと呼ばれています。

街で見かけるものは、芸術的なものからなんだかわからないものなど様々ですよね。

そんな落書きを、街を掃除するアートに変えることができるんです!

その名も「リバースグラフィティ」

REVERSE(逆転)の発想で行われる落書きとはどんなものでしょう?

絵を描いて壁のお掃除

リバースグラフィティは環境に悪いカラースプレーは使いません!

使うのはなんと高圧洗浄機です。

壁の汚れを水圧で落としながら、絵を描いてしまおうという新発想♪

排気ガスや埃で汚れた壁に、模様や文字の切り抜かれたシートを貼り、高圧洗浄機で勢い良く水を吹きかけ汚れを落としていきます。

シートを剥がすと、壁に様々な模様や文字などが出現するという仕組み。

e Wall Street Journal

[photo via:THE WALL STREET JOURNAL]

壁に描く大きなメッセージ

汚れを落とすことで作り出されるリバースグラフィティ。

描かれる絵には平和や環境問題に関するメッセージを含むものが多いそうです。

reverse graffiti 2reverse graffiti 3

[photo via:GigaGiNE]

壁に描かれた大きな落書きって、何気なく見てしまいませんか?

メッセージを伝えるためにはとっても良い方法ですよね。

リバースグラフィティは様々な宣伝にも使われています。

例えば、皆さんご存知 PUMA!!

reverse graffiti 4

[photo via:NEVERまとめ]

渋谷の街でも広告として使われました!

reverse graffiti 6

[photo via:CHANGE]

普段歩いている道の壁や道路を良く見てみると、リバースグラフィティに出会うかもしれません。

お散歩しながら探してみるのも楽しそうです♡


written by Haruka Yoshida

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*