Rainyレイニー

スーダンに医療を届けたい。NPO法人ロシナンテスが診療所に託す希望とは!


「アフリカには医療が足りていない!」

ほとんどの人が持つこのイメージは、本当です。

医療が足りていないということは確実に困ることなのに、改善のために実際に行動に移す人はごくわずか…。

今回は、そんなアフリカの問題を変えたい!と立ち上がったNPO法人ロシナンテスとその挑戦についてご紹介したいと思います。

スーダンに病院を、東北に笑顔を

content_c2ca448d931523f898d4b4a229dc0f3833b087fe

photo via:READYFOR

ロシナンテスは、アフリカ北部の国スーダンで活動を行うNPO法人です。(昨年度までは東北でも活動をしていました。)

主に医療面での支援を中心に、スポーツ事業やインフラ整備など幅広い活動をしています。

さらに、健康教育や現地スタッフトレーニングといった現地の自立を促す支援も勢力的です!

また日本国内でも活動を行っていて、現在は北九州を拠点としているため、熊本地震のために寄付とボランティアの受け入れもしています。(※現在ボランティアの受け入れについては一時中止。)

このように、アフリカと日本国内と全く異なる地でさまざまに活動を広げているロシナンテスには大切にしている1つの哲学があります。

”ひとりはみんなの為に みんなはひとりの為に”

人を救うのは人。1人1人が力を合わせれば、誰かを救うことができるのです。

このように助け合いの精神を有言実行しているロシナンテス、素晴らしいですよね。

土とレンガの診療所プロジェクト

content_c2ca448d931523f898d4b4a229dc0f3833b087fe (1)

photo via:READYFOR

そして現在、ロシナンテスは、国内最大級のクラウドファンディングREADYFOR?スーダンでの診療所建設プロジェクトに挑戦しています。

現在、スーダンは内戦や不安定な経済の影響のために、病院のない地域が広く残っています。

そんな現状に対して、ロシナンテスは、病院のない地域に定期的に訪れて医療支援を続けていました。

しかし、どうしても早期治療が難しい巡回診療の限界を感じるようになりました。

病気を巡回診療で発見できても、医療施設が近くにないため諦めるしかない。

このままではいけない、「近く」にあって「いつでも」利用できる土とレンガの診療所が必要だ、そう考えて今回のプロジェクトを立ち上げることにしたのです。

レンガ

photo via:ROCINANTES

今回のプロジェクトの目標金額は1000万円。かなり大きな金額ですよね。

寄付は、1口3000円からすることができ、3000円で、ひとつ分のレンガが作られるようになっています。

また、その寄付のお返しとしてもらえるリターンもとても豪華です。

1万円のリターンはスーダンで作られたレンガのカケラで、そして3万円のリターンにはなんと、診療所の壁にプレートで名前を刻むことができます!

はるか遠いスーダンの地に自分の名前が刻まれるなんて、ロマンがありますよね!

ロシナンテスの活動が気になった方は、ぜひ土とレンガの診療所プロジェクトをチェックしてみてくださいね!

ーーーーー

クラウドファンディングサービスREADYFORについて詳しく知りたい方はこちら▽
挑戦する人を応援!日本初クラウドファンディングサービスREADYFOR

最後に

熊本での地震、エクアドルでの地震など暗いニュースが続いていますね。

でも、熊本のためにもエクアドルのためにも、スーダンのためにだって私たちにできることはたくさんあります。

1人1人は小さな力でも、それが集まればきっと前に向かって進んでいけるはずです。RAINYではこれからも、そんな小さな一歩を踏み出すきっかけをご紹介していきます。


written by Ayaka Watabe

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*