Rainyレイニー

社会復帰をサポート!出所者が働く「新宿駆け込み餃子」が素敵すぎる


RAINY(レイニー)では以前、元受刑者を雇用!?お好み焼きチェーン・千房の更生を支援する取り組みが素敵。をご紹介しました。

今回は、東京・歌舞伎町で刑務所を出所した人々を従業員として雇用する新宿駆け込み餃子を取り上げたいと思います!

新宿駆け込み餃子ってどんなお店?

shinjyuku gyoza

photo via: 新宿駆け込み餃子

賑わう歌舞伎町の一角にある新宿駆け込み餃子

刑務所を出所した人々を従業員として雇い、社会復帰を支援する一般社団法人再チャレンジ支援機構が運営している居酒屋です。

現在働く10人の従業員のうち3人が出所者。
従業員は3か月経過するとそのまま働き続けるか、別の道へ進むのかを選択します。

2015年4月にオープンしてから延べ15人の出所者を受け入れており、出所者たちの社会での居場所となっているのです。

メニューも充実していて、連日大盛況!
shinjyuku gyoza 1

定番の駆け込み焼き餃子

shijyuku tsumami

餃子以外のメニューも充実

shinjyuku lunch

お得なランチセットはボリューム満点

従業員さんも前科のことを隠さずに、尋ねると話してくれるそう。

美味しい餃子を食べながら、彼らのことをきちんと知る機会にもなりますよね。

どうして始めたの?

そもそも、どうして新宿駆け込み餃子はスタートしたのでしょうか。
そこには再チャレンジ支援機構の理事・玄秀盛(げん ひでもり)さんの強い想いがありました。

刑務所を出所した人は働く先がなく、再犯率は40~60%と言われています。
さらに出所者は昔の仲間との繋がりを断ち切るのが難しく、ネットが発達した現在、家族も白い目で見られ続けてしまうのです。

そんな世の中の認識を変えたい、出所者が一人でも再起してくれれば、そんな想いを玄さんは抱いています。

さらに、歌舞伎町で居酒屋を行うことにも理由が!

歌舞伎町には様々な人がいて、遊ぶ場所もたくさん。
誘惑に負けずに、様々なトラブルに対処する必要があります。

そのような環境で接客業経験もなく、一般の人々と触れ合ってこなかった出所者が毎日「ありがとうございます」と言って働く。
そうして自信を少しずつつけていくことで、再起に繋がると玄さんは考えているのです!

日本でも、世界でも。広まる取り組み

実は、このように出所者を雇用する取り組みは世界中で広まっています。

RAINYで以前取り上げたBen&Jerry’s(ベン&ジェリーズ)でも素敵な取り組みが!
Ben&Jerry’sについて詳しく知りたい方はこちらの記事へ→人を幸せにするアイスクリーム・ビジネス♡Ben&Jerry’sをご紹介!

greyston-header-building-sign

photo via: Ben&Jerry’s

Ben&Jerry’sの中でも定番フレーバーのチョコレートファッジブラウニー。
アイスの中のチョコレートブラウニーは、服役歴があったりホームレス歴があるなど、就職困難な人々に仕事や職業訓練の機会を提供しているニューヨークのグレイストン ベーカリーから仕入れています。

なんと毎年5000人以上の人々にサービスを提供しているとか!
グレイストンベーカリーを通じて、出所した人々の人生を変えるきっかけ作りになっているのです。

Ben&Jerry’sのアイスを食べるだけで、そんな彼らを応援することに繋がるなんて素敵ですよね。

最後に

いかがでしたか?

強い想いの込められた新宿駆け込み餃子。私たちも社会の一員として、新宿駆け込み餃子を通じて再起のきっかけのお手伝いをしていきたいですよね。

皆さんもぜひ新宿駆け込み餃子でアツアツの餃子を食べてみて下さい♡

さらに再チャレンジ支援機構により、2016年2月29日に同じ新宿歌舞伎町で出所者やひきこもりだった方を支援する居酒屋・京丹後屋がオープンしたそう!
合わせてチェックしてみてくださいね。

新宿 駆け込み餃子 歌舞伎町店

住所:新宿区歌舞伎町1-12-2 第58東京ビル1階・2階
営業時間:
 24時間・年中無休
電話:03-6233-7099
席数:69席

酒肴蔵 京丹後屋

住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-17-7 リカム3ビル 4F
営業時間:
17:00〜23:45
電話:03-6278-9365


written by Miho Yamamoto

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*