Rainyレイニー

10億人が飢餓、20億人が肥満!食の不均衡はTABLE FOR TWOで解決できる。


10897036_909950849067277_2975953021428763236_n

[写真提供: TABLE FOR TWO]

皆さんは「食の不均衡」について考えたことはありますか?

日本に住んでいるとあまり気づきませんが、実は世界では約9人に1人が飢餓に苦しんでいるのです。
しかし、その一方、先進国ではそれ以上の数の人々が、肥満で悩んでいます。

こんな深刻な食の不均衡解決に取り組む団体、
特定非営利活動法人 TABLE FOR TWO を今回は紹介します♪

活動内容が知りたい!

TABLE FOR TWO (以下TFT)の活動内容な以下のようになっています♡

key-1

[写真提供: TABLE FOR TWO]

つまり、簡単にいうと、
対象となる定食や食品を日本の消費者が購入すると、1食につき20円の寄付金が、開発途上国の子どもの学校給食になるのです!♡

え?20円だけでいいの?と思った方もいるかもしれませんが、この金額は開発途上国の給食1食分にあたるのです!

つまり、先進国で1食とるごとに途上国に1食が贈られるという仕組みです。

そして対象となっている食べ物はすべてヘルシーで健康に良いもの♪

つまり、ヘルシーなものを食べ、健康的になれると同時に、開発途上国の子どもたちにおいしい給食をあげられる!という一石二鳥のプログラムなのです♡

どこの国の子どもに届くの?

10433938_894692303926465_4831883045932360540_n

[写真提供: TABLE FOR TWO]

支援の対象国は飢餓が深刻な問題となっている、ウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、フィリピンの6か国です。

今回はそのなかでもウガンダで、どのような効果があったのか、調べてみました♪

TFTは、ウガンダ南西部にあるルヒイラ地区の21の小中学校で、およそ1万人の子どもたちの給食を支援しています!

2007年の調査によって、この地域に暮らす子どもの半分以上が栄養失調であるとわかりました。

お昼はお弁当をもって学校に来る子どもや、一回い昼を食べに家に帰る子どもがもいたのですが、
栄養がかたよっていたり、午後の授業に遅刻する子どもたちが後を絶たなかったのです。

これらの問題を解決するためにTFTのプログラムが始まりました。

その結果、子どもたちには様々な良い影響が起きました!♡

まず、給食のおかげで、必要なビタミンの約7割、エネルギー量の半分以上を満たす食事をみんなが平等にとれるようになりました。

またそれに加えて、十分な量のお昼でおなかを満たすことにより、空腹から感情的になる子どもが減り、勉強に集中できるようになりました!

そのほかにも、子どもたちが食について学校で学び、それを家庭や地域に還元することで、将来的にはコミュニティー全体に知識が浸透していくことも期待されています!

本当にすてきな活動ですよね♡

どこで買えるの?

カロリーオフセット

[photo via:株式会社若菜]

TFTの対象商品は、カフェやホテル、コンビニなどで簡単に買うことができます。

たとえば、皆さんご存知の、スーパー西友では野菜たっぷりの総菜や、お弁当などが対象商品として販売されています♡
とってもカラフルでおいしそうですよね♪

こちらにTFT対象商品を販売しているところのリストがのっているのでぜひチェックしてみてください♪

ほかにも、楽天レシピに、ヘルシーな食事をつくったレポートをのせるだけで、自動的に10円がTFTに寄付されます♡

TABLE FOR TWOとは直訳すると「二人の食卓」という意味。
自分の健康も、途上国の子どもの食も、両方考えて食事するって絶対楽しいですよね!

皆さんもぜひ、TFTの活動に協力してみてくださいね♡


written by Saeko Hiraiwa

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*