Rainyレイニー

飲める本!?世界に安全な水を届けたい!WATERisLIFE


waterislife3

皆さんは、“飲める本”を知っていますか。

実はこれ、本であり、水を浄化する”ろ紙”でもあるんです♪

ニューヨーク在住のタイポグラファーbrian gartsideさんによりデザインされました。

今回は、珍しい素敵な本、”the drinkable book(飲める本)”をご紹介します!♡

世界に安全な水を!!

waterislife5

WHO(世界保健機関)によると、世界で毎年約340万人の人々が汚染された水が原因の病気により命を落としています。

そして10億人の人々が安全な水を手に入れることができないと言われています。

その原因の多くが「自分が危険な水を飲んでいる」とは知らないからです。

そんな中立ち上がったのが、世界の水問題の解決に取り組む団体”WATERisLIFE“。

彼らは、”the drinkable book”(飲める本)を使って、この水問題を解決しようとしています。

“the drinkable book”(飲める本)って??

waterislife2

飲める本とは、水の衛生について教えてくれる本。
それだけではない。本のページは “フィルター” となり、
コレラや腸チフスといった汚染水に含まれる危険な細菌を取り除くことができる。(引用:えん食べ)

カーネギーメロン大学とヴァージニア大学の研究チームが開発したこの本は、バクテリアを殺す銀ナノ粒子を使ったこの特別な紙でできています。

これで濾過すれば、バクテリアやコレラ菌がない綺麗で安全な水が手に入るそう♡

除去率は驚きの99.99%!!
アメリカ国内の水道水と同じくらい綺麗な水になるそうです。

そしてなんといってもこの本の素晴らしいところ、
それはコスパの良さ♡!!!!!

一枚当たり1ペニー(2円以下!!!)でつくることができ、1ページで100L(成人男性30日分の水)を濾過できちゃうのです♡

なんと1冊では、約4年分の水の供給まで可能になるのです。

従来の濾過装置に比べ、圧倒的な安さで安全な水を提供できます。

すごいですよね。この本1冊で多くの人に安く安全に水を届けることができるのです。

また、この本は水に対する正しい知識を知ってもらおうと工夫がなされています。

スクリーンショット-2015-07-30-22.07.11

フィルターとなるページ1枚1枚に、きれいな飲み水の大切さや、きれいな水を作るための習慣や情報が載っていて読むことができます♡

まだ実現はされていないようですが、近い未来にこのようなイノベーションで多くの汚染水で苦しんでいる人たちに安全な水を届けられるようになったら素敵ですよね。

[photos via WATERisLIFE]


written by Naoko Minami

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*