Rainyレイニー

あなたのユニクロの洋服を難民に届けよう!1000万着のHELPプロジェクト♡


皆さんはいらなくなったUNIQLO(ユニクロ)の洋服、タンスに眠っていたりしませんか?
もし持っていたら今すぐユニクロの店頭のボックスへ!

あなたのその一着で難民に希望が届けられるかも・・・♡

世界中にいるたくさんの難民

スクリーンショット (99)

[photo via: UNHCR]

今、世界には難民は何人いると思いますか?

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると,
世界において紛争や迫害により、避難を余儀なくされている難民・国内避難民・庇護申請者は,2013年末時点でなんと約5,120万人。

これは統計史上最高数値だそうです。
安全な場所を求めて故郷を捨てなければならない人たちの苦しみや悲しみを、みなさんは想像できますか?

「1000万着のHELP」プロジェクト

スクリーンショット (98)
uniqlo

[photo via: UNIQLO]

そんな難民たちに、1000万着の洋服を届けようとして始まったのがこの「1000万着のHELP」プロジェクトです。

これは誰でも知っている有名ブランド、ユニクロのCSR活動のひとつ。

私たちがユニクロGU(ジーユー)の不要になった服を店頭に持っていくと、それらが仕分け、分類され難民に届けられるという仕組みです。

着なくなった服を持っていくだけで、だれでも簡単に難民支援ができるのです♡

2015年8月時点で、59の国や地域になんと1,632万点もの洋服を届けてきたそう!

これだけじゃない!ユニクロの難民支援♪

スクリーンショット (100)

[photo via: UNIQLO]

ユニクロは2007年から国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と協力して、世界中の難民や避難民、災害被災者、妊産婦や母子などへ服を届けてきました。

最近はさらなるUNHCRとの強化を発表!
なんと2016年から3年間にわたり、UNHCRに対し約12億円の支援を実施!
また、国内のユニクロ店舗に現在13人いる難民雇用を合計100人へ拡大する、とも発表しています。

ユニクロは難民支援に特別チカラを入れているんですね!

しかし、世界には本当に洋服を必要としている人がまだまだたくさんいます。

あなたの着なくなったユニクロの洋服、難民の方々に届けてみませんか?♡
きっと私たちにも難民に希望を届けることできるはずです。

RAINY(レイニー)では他にも難民に対する取り組みをご紹介しています。興味を持った方は合わせて読んでみて下さい!


written by Saeko Hiraiwa

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*