Rainyレイニー

街を走り回る戦車。若者を標的にした攻撃に笑顔が溢れ出す!


先日ジャカルタで起きたテロは皆さんご存知ですか。

兵器は人を傷つける危険なものですよね。

しかしそんな危険な兵器が人々をハッピーにするとっても素敵なものに変身しちゃいました!

町中を走り回り、みんなを笑顔にしていく戦車”Arma de Instruccion Masiva”をご紹介します。

戦車の正体

アルゼンチンのブエノスアイレスを走っている戦車がこちら。

Weapon of Mass Instruction 1

なんだか普通の戦車とは違いますよね?

そう!車の周りには本がぎっしりと詰め込まれているんです!

これは、ちょっぴり変わったアーティストのRaul Lemesoffさんの作品。

Weapon of Mass Instruction 2

1979年式のフォード・ファルコンを改造して作ったそうです♪

もちろん本物の戦車と同じく、回転砲塔と本当には撃てない戦車砲も完備!

Weapon of Mass Instruction 3

とってもユニークなこの車、一体何のために使うのでしょう??

実はLemesoffさんはブエノスアイレスの田舎に車を走らせて街の人に無料で本を配っているんです。

Weapon of Mass Instruction 4

大量”養育”兵器

この戦車の名前は、スペイン語で”Arma de Instruccion Masiva”(Weapon Of Mass Instruction)

つまり、大量養育兵器!すごい名前ですよね。

実は近年、アメリカだけでなく日本でも「読書離れ」が問題となっています。

文化庁の調査によると、47.5%が1か月に本を1冊も「読まない」と回答したそう。(平成25年度「国語に関する世論調査」)

半数近くの人が読書をしなくなっているんですね。

そんな中、Lemesoffさんはもっと読書の面白さを届けるためにこのような活動をしています。

戦車で現れたLemesoffさんの周りにはあっという間にたくさんの学生が!

Weapon of Mass Instruction 5

本を手にいれるための条件は1つだけ。

貰った本を必ず読むと約束することです。

Weapon of Mass Instruction 6

こんなにユニークな形でプレゼントされた本なら、読みたくなっちゃいますよね。

世界中にある兵器が全部本に変わったら、とっても素敵だと思いませんか?

ブエノスアイレスの街中では、今日もLemesoffさんの操縦する戦車が人々を笑顔にするために走り回っています♡

Weapon of Mass Instruction 7

実際に街を走る姿を見たい方はこちら↓
Lemesoffさんのとっても陽気な人柄も伝わってくるのでぜひご覧ください♪

 

[photos via:ARMA DE INSTRUCCIÓN MASIVA|WEAPON OF MASS INSTRUCTION|RAÚL LEMESOFF]


written by Haruka Yoshida

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*